弁護士に依頼して任意整理【債務者の代わりに減額交渉をしてくれる】

借金の負担を減らす方法

女性

依頼をして交渉を進める

借金をしていて返済が苦しいといった方は、任意整理を検討してみてはいかがでしょうか。任意整理ではお金を借りている金融会社と話し合いの場を持ち、返済期間の見直しや将来の利息カットなどの合意を取り付け借金の負担を軽減できる方法です。この任意整理は個人で行うこともできますが、法律の知識も必要で貸し手側との交渉もしなくてはいけないため、弁護士や司法書士に任意整理を依頼するのが一般的です。この任意整理を依頼するときは、弁護士や司法書士に直接あって面談をしなければいけません。弁護士会や司法書士会では委任を受け売る際は面談を行うことを原則としているからです。この面談で弁護士に任意整理を委任することになり、委任をすると弁護士や司法書士から債権者に対して受任通知というものが送付されます。この受任通知が送付されると、それ以後は債権者は借金と取り立てはできなくなり、債務者と連絡を取ることができません。そしてこの間に弁護士と債権者との間で話し合いの場が開かれ、任意整理の交渉が進められます。任意整理にかかる期間はすぐに済むというわけではなく、おおよそ3ヶ月以上から6ヶ月くらいになります。弁護士や司法書士に依頼をするときには運転免許証などの身分証明書、債権者の一覧表、消費者金融のカードやクレジットカード、預金通帳や源泉徴収票が必要です。この他、不動産を所有しているなら登記簿謄本、生命保険に加入しているなら生命保険証券など、財産がある場合は書類の提出を求められます。

Copyright© 2018 弁護士に依頼して任意整理【債務者の代わりに減額交渉をしてくれる】 All Rights Reserved.