弁護士に依頼して任意整理【債務者の代わりに減額交渉をしてくれる】

借金問題の解決方法

相談

どのような方法があるか

士業は税理士や社会保険労務士等の事を指しますが、士業の中でも弁護士や社会保険労務士は借金問題の専門家です。借金返済が出来なくなる、または返済が苦しくなった場合や借入が複数社に及び多重債務になった場合等は早急に弁護士や司法書士に相談する必要があります。相談をすると解決方法としては主に3つあります。1つ目は自己破産です。これは借金が帳消しになりますが、10年程度は信用情報に傷がつくため、借入が出来なるなる他、職業も制限されます。また裁判所に申請して認められる必要があります。最大のポイントは住宅や自動車等を手放す必要がある点です。2つ目は個人再生で、任意整理と自己破産の中間に位置するような手続きです。裁判所を通じて債務の減免を行うもので、自己破産と違い住宅等を手放す必要はありませんし、債務は5分の1まで減り3年間で支払いをします。しかし借入が出来なくなる等は自己破産と同じです。3つ目は最も選ばれている方法で任意整理と呼ばれるものです。裁判所を通さずに士業が債権者である金融業者と交渉をし利息を減免する方法です。返済は今までよりも長い期間で行うのが一般的で利息がなくなる分、負担が大きく減ります。また利息制限法の計算で債務自体が大きく減額をする場合もあります。この任意整理は借入をしている業者を選んで行うこともできる上、あくまでも任意で業者と交渉をして債務を整理する方法の為、職業の制限を受けたりしません。このように士業を通じで行う借金問題対策は3つあります。

Copyright© 2018 弁護士に依頼して任意整理【債務者の代わりに減額交渉をしてくれる】 All Rights Reserved.