弁護士に依頼して任意整理【債務者の代わりに減額交渉をしてくれる】

個人でも行える

ジャッジガベル

プロにおまかせ

消費者金融への毎月の返済が生活を圧迫している、そのため任意整理をしようか悩んでいますが、法律のことなので弁護士事務所に依頼しなければならないと思っている人が多いようです。実は、任意整理の手続きは絶対に弁護士に依頼しなければならないというものではなく、個人でも行うことができる手続きなのです。業者と交渉して、返済期間や返済金額の相談をする、特に利息制限法で定められた金利を超えて取引していた方は、過払い金が発生している可能性があるので減額を主張することもできます。しかし、減額しろと貸金業者に口頭で伝えたとしても業者側は親切にいくら過払い金が発生していましたと教えることはないです。自分で計算をしなければならないのです。さらに計算しただけでなく法的な根拠も必要で、文書で訴えなければならないです。そのため日中仕事をしている人は、休日など空いている時間に貸金業者から取引履歴を取り寄せて引き直し計算や書類の作成を行わなければならないです。そのため任意整理の手続きは法律のプロである弁護士に依頼をしたほうがすべて代行してもらうことができます。個人が相手であると貸金業者も強気に出て減額に応じなかったり、一括返済するなら減額に応じるなど相手にしない業者もあるのです。そこは、任意整理に実績のある弁護士を選ぶことで交渉ノウハウもありますから和解までもっていくことができます。費用はかかりますが労力を考えるとメリットが大きいです。

Copyright© 2018 弁護士に依頼して任意整理【債務者の代わりに減額交渉をしてくれる】 All Rights Reserved.