弁護士に依頼して任意整理【債務者の代わりに減額交渉をしてくれる】

5つのメリット

弁護士

督促停止し返済負担が減る

任意整理とは、弁護士や司法書士の法律の専門家に依頼し減額や返済計画について交渉をする手続きです。個人でも行うことはできますが、専門家に依頼することで代わりに手続きしてくれるだけでなく主に5つのメリットがあります。その5つが、貸金業者からの督促が止まる、会社や家族に知られずに手続きできる、将来発生する利息がカットされ返済が楽になる、無理のない返済ができる、任意整理をする業者を選ぶことができるです。任意整理を依頼すると債権者に対して弁護士が正式に受任したことを文書等で伝えるので督促が一斉に止まります。電話だけでなく督促状が送られてくることもなくなります。任意整理は裁判所が関与しない手続きですから、財産処分することもないので家族や会社に知られずに手続きすることができます。任意整理手続き後は、利息が発生しなくなります。もし発生していたとなると、総返済金額で大きな差がつきます。返済をする負担が大幅に減りますので、経済的にも効果的な手続きなのです。弁護士に借金相談をしている方は、1社だけでなく複数の業者から借入れをしている人が多いです。保証人付きの借金を減額した場合、減額された分は保証人が支払わなければならなくなります。任意整理は、手続きする業者を選ぶことができるので、保証人付きの借金は除いて債務整理を行うことで保証人に迷惑をかけずにすむのです。毎月の返済金額は、収入の中から無理のない金額で分割で返済をしていくことができます。

Copyright© 2018 弁護士に依頼して任意整理【債務者の代わりに減額交渉をしてくれる】 All Rights Reserved.